西村ツチカ

タグ:花を描く方法 ( 3 ) タグの人気記事

2018-04-06

a0136797_12583486.jpg

ペン&インクで花を描く時、花の色鮮やかなイメージを汚さないようにと考えると粛々と輪郭をなぞるしかなくなる。黒はノイズだからハッチングもないほうが好まれる。それに比べて、木は繊細でないためガシガシ線を描いていい。木を描くのは自由で楽しく、花を描くのは退屈でつまらない。

2015年の拙作「花を植えた女」の中では、紙の上にインクを乗せてできた凸凹を素材としてスキャンしphotoshopで増幅して貼り付けてみました。それをペン画の進化形といえないか?
しかも、その方法で描いた花に、AIによる自動着彩サービスを利用して着彩してみたら?

(・・・AIが着彩してくれている・・・)
AIが着彩しているロード時間、ほんの数秒のうちに次のようなことを思った。自分は花が普通にキレイに見えてほしくて保守的に丁寧な描きこみを施した。たとえばインクで真っ黒な花を美しがる価値転倒は意図しなかった。何も問いかけてはない。今はこの方法を商業漫画に流用している。このように保守的な時ほどむしろ後ろめたさに駆られて挑戦や実験精神を捏造しはじめ、欺瞞をきたす。芸術ぶりたい欲が中途半端に邪魔して、ヒマつぶしやラクガキや漫画としても劣化している。どこにも向かってない。自分って何がしたかったのか?途中で目的がすり替わったのか?
AIが誠実に実直に着彩してくれているのを見て、AIでもなく何者にもなれていない自分を思った。

[PR]
by tsuchika | 2018-04-06 13:49

嫌いな花をバカにするより好きな木を描いたらどうですか

「モノクロのペン画が大好きで、線で画面が埋めつくされてあるとそれだけで最高にテンションが上がる。木はデコボコがいっぱいあるし枝もランダムな生え方をしているから、ペン画の魅力が最高につまってる感じがしてうれしい。葉がわさわさ茂ってると陰影ができるから線が増やせてうれしい。それに比べて花はのっぺりと平面的だし色ばかり重視されて線はむしろ邪魔になる。だから花は描いてもしょうもない。花は嫌い、花は最低」
昔、こういうことを話していました。するとナマエミョウジさんに
「嫌いな花をバカにするひまがあったら、そのぶん好きな木を描いたらどうですか」
と言われました。

なるほど、木を描こう。

同時に、そう言われたことによって逆に、自分は本当にそこまで花が嫌いだったんだろうか?ちょっと言い過ぎたかもしれない、とも思いました。素直に木を描くのではなくこうして愚痴を言っているだけの自分はただひねくれて嫉妬しているだけなのかもしれません。
こんご、そうなった時はこの言葉を思い出して、花ときっぱり決別してもっぱら木を描くか、もしくはこの言葉をテコにしてもう一周ひねくれて、花も少しは好きという気持ちを思い出すことにしようと思いました。





/
[PR]
by tsuchika | 2016-03-16 11:49

花を植えた女

a0136797_10443153.jpg

「花を植えた女」という短編漫画を描きました。
「ユースカ」第4号に掲載されます→

新しい描き方を思いついて夢中で描きました。
前に担当編集さんだった佐川さんに見てもらったところ「よくわからん」と言われました。自分はまた勢いだけで描いてしまったと気付かされました。
絵はほめてくれました。今後は無駄がないようにもっと粛々とやっていかねばと思いました。
[PR]
by tsuchika | 2015-04-15 11:41