西村ツチカ

2018-04-06

a0136797_12583486.jpg
花を描く方法:前回→

【前回のあらすじ】
ペン&インクで花を描く時は花の色鮮やかなイメージを汚さないように、たいてい粛々と輪郭をなぞる感じになる。細い線で陰影を描くとしても、黒はノイズだから少ないほうがキレイ。それに比べて、木はべつに繊細でないためガシガシ線を描いていい。木を描くのは自由で楽しく、花を描くのは退屈でつまらない。

花を描く退屈を解決するため、2015年の拙作「花を植えた女」の中では、紙の上にインクを乗せてできた凸凹を素材としてスキャンしphotoshopで増幅して貼り付け、それをペン画の進化形といえないか?と問いかけてみました。

そうだ。意味はないけど手すさびに、その方法で描いた花に、AIによる自動着彩サービスを利用して着彩してみたらどうか?

(・・・AIが着彩してくれている・・・)

AIが着彩しているロード時間の数秒のうちに次のようなことを思った。上では、問いかけたと書いたが実際はただのヒマつぶし以上の意味はない。自分は花が普通にキレイに見えてほしくて保守的に丁寧な描きこみを施していて、たとえばインクで真っ黒な花を美しがる価値転倒のような意図はない。今ではこの方法を商業漫画に流用しておりこれ以上深めもしない。むしろ保守的な時ほどフト後ろめたさに駆られて挑戦や実験精神を捏造しはじめて欺瞞をきたすこともある。芸術ぶりたいのに、いつもヒマつぶしやラクガキで終わってしまって何も残らないのは不誠実な人間性のせいだろうか。向いてない。反省できないまでも、自分って何なんだ?とフト思った。
AIが誠実に実直に着彩してくれているのを見て、AI以下な自分を思った。

[PR]
by tsuchika | 2018-04-06 13:49