西村ツチカ

2016-07-03

a0136797_0202383.jpg

崔実(チェシル)さん『ジニのパズル』(講談社)の装画と挿絵を描かせていただきました→

オレゴン州の高校を退学になりかけている女の子ジニの過去が読むうちに少しずつ語られます。自分の個人的な話ですが昔家族がジニとよく似た状況だったと聞かされていたこともあって特別リアルに感じ、最後はとてもジーンとしました。そして、自分の個人的な話ですが、と自分もつい過去を語りたくなってしまうと思いました。装丁デザインの関根信一さんと相談させてもらいながら描きました。
a0136797_21292939.jpg

[PR]
# by tsuchika | 2016-07-03 21:42

Left to Right, Right to Left

a0136797_22494397.jpg

写真家の宇壽山貴久子さんと二人展をします→

ニューヨークに16年間住んでらした宇壽山さんが地下鉄を撮影したシリーズ『Subway』の新作たちと、西村が描いた絵10数点展示します。また二人が共通してファンである澤部渡さん(スカート)に弾き語りライブをお願いしたところありがたいことにOKしてもらえました!ぜひお申込みください→

ISSUGI&DJ SCRATCH NICE『On the Train feat 仙人掌』(→)という曲が好きで詞の一節から展示のタイトルを頂戴しました。教えてくれた友達ありがとうございます。
a0136797_2191218.jpg

西村ツチカ・宇壽山貴久子 「Left to Right, Right to Left」
会期 7月11日(月)〜7月24日(日)
営業時間 12:00-24:00(mon-sat) 12:00-22:00(sun)
*最終日は17時までとなります。
*7/14(木)はギャラリートーク&ライブのため、18時半~22時の間展示をご覧いただくことができません。

場所
SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS ギャラリースペース
東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F(渋谷駅から徒歩15分)

作家プロフィール
・西村ツチカ
漫画家。2010年、短篇集「なかよし団の冒険」(徳間書店)でデビュー。同作で第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞。他の作品に「かわいそうな真弓さん」(徳間書店)、「さよーならみなさん」(小学館)がある。また、インディー出版レーベルのDIORAMA BOOKSが発行する漫画雑誌「USCA」「DIORAMA」にも漫画を発表している。

・宇壽山貴久子
写真家。宮城県出身。97年から2013年までニューヨーク在住。2014年より東京を拠点とする。主な作品に『犬道場』(写真新世紀奨励賞)、気仙沼のシャーマンを撮影した『オガミサン』、50歳以上の女性のワンピース姿を撮る『ワンピースのおんな』(『暮しの手帖』で連載中)など。 http://www.usuyama.com

イベント
アーティスト・トーク&澤部渡(スカート)アコースティック・ライブ
■日時 7月14日(木)20:00-21:30(開場:19:30)
■定員 50名
■料金 
2,000円
下記よりお申し込みください。
http://www.shibuyabooks.co.jp/spbseventform0714/
*当日席もご用意する予定ですが、料金が2,500円となります。なるべく事前にお申し込みいただけますようお願いします。







.
[PR]
# by tsuchika | 2016-06-30 10:13

2016-06-25

TOKYO PAPER for cultureに載った漫画です→
国立科学博物館附属自然教育園について描きました。
a0136797_13312055.jpg

[PR]
# by tsuchika | 2016-06-25 13:35

2016-06-17

a0136797_2227445.jpg

a0136797_22265880.png

a0136797_2227331.png

「EMCのTシャツ祭'16」に参加しています→
6/24(金)から高円寺のギャラリーCORNER PRINTING kgで展示販売もされるそうです。

バックロードホーンエンクロージャーというスピーカーは低音をかせぐために内部にくねくねした腸のようなつくりのホーンを備えていて、まっすぐにして約4メートル以上の長さが良いとされているそうです。良い音を出すために必然的にこのサイズになっていて、小さくしたりデジタル化できない・・・みたいな所に感じるこだわりが面白いです。







.
[PR]
# by tsuchika | 2016-06-17 09:55

2016-06-03

a0136797_20392646.jpg

a0136797_20392987.jpg

西村ツチカ短編集、2冊が電子書籍になりました。

それぞれ最初の1編がこちらで試し読みできます。
『なかよし団の冒険』(2010年)→
『かわいそうな真弓さん』(2011年)→

どうぞよろしくお願いします!
[PR]
# by tsuchika | 2016-06-03 00:00

2016-06-02

Pingaさんでお気に入りWEB漫画について書くコラムで、以前から拝読していた『紺色のまち』(TSUBUさん)について書かせていただきました→

コラムでは絵や技法のことしか触れられませんでしたが内容も、建築のことを何も知らない自分からしたら「へ〜建築業界ってこういう雰囲気か〜」と感じられて楽しみに読んでいました。ちょうどもうすぐ最終回が更新されようとしているところです。ぜひ読んでみてください。

この連載ではトーベヤンソン・ニューヨークのメンバーが1人ずつ好きなWEB漫画について書きます。
[PR]
# by tsuchika | 2016-06-02 18:38

2016-05-15

a0136797_23422150.jpg

MUSIC ILLUSTRATION AWARDS 2016でSPACE SHOWER TV賞をいただきました→
選んでくださった皆様、どうもありがとうございました!
(^o^)
[PR]
# by tsuchika | 2016-05-14 23:43

2016-05-13

a0136797_024352.jpg

「コミティア(同人誌即売会)のサークルはだいたい3年で入れ替わる」誰からともなくそう聞きました。しかし5日のコミティアでは4、5年前に顔見知りだった人たちが今もけっこう何人か出展して同人誌を頒布されているのを確認しました。こちらから声をかけるべきか迷いましたが、黙って頒布してもらい「元気そうで良かった」と思いながら帰りました。

家が広くなく本棚が限られているので何度も読み返す本は優先的に本棚の前へ出し、逆にあまり読まない本は押入れの中へしまいます。新しい本が来たらさっそく本棚か押入れのどっちに置こうか考えます。

しかしこれからの将来で何度も読み返すことになるかどうかを今の時点でどうやったら判断できるでしょうか。いったん本棚に置いてみても、しばらくしたら興味がなくなり押入れにしまうこともあります。時間をおいて様子を見ないと一度読んだだけでは判断するのは難しいです。また結局読まなかった本も、最初に自分が押し入れに入れたがために手に取らなかっただけかもしれません。いちいち考えると大変なので結局何となくその時の気分で決めています。

芋煮さんの『SONCHO IN THE CITY』は描き込みの多いペン画で平面的でかわいくてデザインが素敵でした。
[PR]
# by tsuchika | 2016-05-13 12:11

2016-05-04

a0136797_07775.jpg

月刊MdN2016年6月号「創る。」に寄稿いたしました→

このイラストは、5/3〜5/8まで開催中の「MUSIC ILLUSTRATION AWARD 2016」というグループ展→
で展示されています。完成するまでの過程を書いてます。よろしくお願いします。
[PR]
# by tsuchika | 2016-05-04 00:08

2016-05-01 その2

a0136797_20201428.jpg
カレン・ラッセル『レモン畑の吸血鬼』という短編集を読みました。現実と非現実がとろんと混ざっている変てこな世界が見れます。漫画版もあったら読んでみたい!と思いました。この方が影響を受けたというフラナリー・オコナーもたまたま短編集を1作だけ読んでて大好きでした。これからほかにも小説を読んでいきたいです。

今日は、下に貼ったユーチューブのかわいさに影響を受けてラクガキをしました。

[PR]
# by tsuchika | 2016-05-01 21:32

2016-05-01

a0136797_1633119.png

ロロいつ高シリーズvol.2 「校舎、ナイトクルージング」上演台本が公開されています→
挿絵を担当いたしました。
[PR]
# by tsuchika | 2016-05-01 16:36

2016-4-26

MUSIC ILLUSTRATION AWARDS 2016に参加します。→

2016.5.3(Tue)-5.8(Sun)
12:00-19:00
Opening Reception
2016.5.3(Tue) 19:00–22:00
at KATA[LIQUIDROOM 2F]
[PR]
# by tsuchika | 2016-04-26 22:26

リボン・キッド

a0136797_14751.png

「リボン・キッド」という短編漫画(20ページ)を描きました。
「ユースカ」5号は5月5日にコミティア116で初売りされた後、いくつかの書店や通販サイトで頒布される予定です。
詳しくはこちらの更新をぜひチェックしてください→

O・ヘンリーの小説や、同居人が体験した出来事に影響を受けて描きました。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by tsuchika | 2016-04-18 15:41

2016-04-12

「イラストレーションファイル2016」(玄光社)で、デザイナー日下潤一さんが西村を紹介してくださっています。ありがとうございます→

同人誌ユースカが5/5に出ます。西村は20ページの短編を描きました。ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。
[PR]
# by tsuchika | 2016-04-12 21:46

2016-04-09

a0136797_02910.jpg

窪美澄さん『アカガミ』(河出書房新社)の装画を描かせていただきました→
(4/12発売)

少し未来のお話ですがまったく他人事と思えないテーマで終始ハラハラドキドキしました。読み終えた時の気持ちをできるだけ鮮明に込められたらと思って描きました。
[PR]
# by tsuchika | 2016-04-09 00:14

2016-03-26

a0136797_18242017.jpg

友人の森敬太くん&晶乃さん。ご結婚おめでとうございます!!ウェルカムボードを描きました。
[PR]
# by tsuchika | 2016-03-26 18:27

2016-03-22

a0136797_2220754.png

TRANSIT31号でタイムトラベル漫画を描かせていただきました→
原作は宇野浩志さんです。今号のTRANSITは全体にSF的要素が散りばめられててちょっと新鮮な感じがします。
a0136797_1048840.png

見て〜
[PR]
# by tsuchika | 2016-03-22 22:27

2016-03-20

a0136797_75255.jpg

TOKYO PAPER for Culture 012に漫画が載っています。国立科学博物館附属自然教育園について描きました。東京の美術館などで配布されているそうです。pdfもダウンロードできます→

じっさいに自分が遊びに行った時のことを漫画にしました。東京では珍しい原生林が見られます。
[PR]
# by tsuchika | 2016-03-20 07:07

嫌いな花をバカにするより好きな木を描いたらどうですか

「モノクロのペン画が大好きで、線で画面が埋めつくされてあるとそれだけで最高にテンションが上がる。木はデコボコがいっぱいあるし枝もランダムな生え方をしているから、ペン画の魅力が最高につまってる感じがしてうれしい。葉がわさわさ茂ってると陰影ができるから線が増やせてうれしい。それに比べて花はのっぺりと平面的だし色ばかり重視されて線はむしろ邪魔になる。だから花は描いてもしょうもない。花は嫌い、花は最低」
昔、こういうことを話していました。するとナマエミョウジさんに
「嫌いな花をバカにするひまがあったら、そのぶん好きな木を描いたらどうですか」
と言われました。

なるほど、木を描こう。

同時に、そう言われたことによって逆に、もしかしたら本当は花が嫌いではなかったのかな、とも思いました。素直に木を描くのではなくこうして愚痴を言っているだけの自分はただひねくれているだけなのかもしれません。
こんご、そうなった時はこの言葉を思い出して、花ときっぱり決別してもっぱら木を描くか、もしくはこの言葉をテコにしてもう一周ひねくれて、花も少しは好きという気持ちを思い出すことにしようと思いました。





/
[PR]
# by tsuchika | 2016-03-16 11:49

2016-03-15

a0136797_18254715.jpg

ラトビアのオルタナティブコミック誌「š!」24号に漫画が載っています→
タコシェさんの通販で買えるようです→
(西村の漫画は2012年頃に同人誌「たこぶえ2号」で発表した「装苑」の英語版です)

掲載作家: Abraham Díaz (Mexico), Amanda Baeza (Chile/Portugal), Ann Pajuväli (Estonia), Dace Sietiņa (Latvia), Daria Tessler (Finland/USA), Disa Wallander (Sweden), Elīna Brasliņa (Latvia), G. W. Duncanson (USA), Hicham Amrani (France), Jean de Wet (South Africa), König Lü.Q. (Switzerland), Lee Kyutae (South Korea), Līva Kandevica (Latvia), Luke Pearson (U.K.), Mārtiņš Zutis (Latvia), Mathilde Van Gheluwe (Belgium), Sami Aho (Finland), Tara Booth (USA), Tsuchika Nishimura (Japan), Vivianna Maria Stanislavska (Latvia), Ward Zwart (Belgium), Zane Zlemeša (Latvia).

カラー作品が多くて見てるだけで楽しいです!自分のはモノクロです。
漫画を英語に翻訳してもらえてとても嬉しいです。

「装苑」というタイトルは「Vanity Fair」となってます。ファッション誌名というところを汲みとってくれたようです。あと
「臨・兵・闘・者・皆・陣・列・在・・・」という九字護身法のセリフは
「SACRIFIZE・GLORY・EXULTANT・STRENGTH・THUNDER・FIRE・PERFECTION・FORM・・・」
となってます。意訳のような感じですが、英語圏で実際にある呪文とかでしょうか。
ごぞんじの方がおられましたらぜひ教えてください。
[PR]
# by tsuchika | 2016-03-15 18:16

2016-03-09

a0136797_1416538.jpg

8月のコミティア117に申し込みました。もし受かって出展できたら何か個人誌作りたいです。
[PR]
# by tsuchika | 2016-03-11 16:10