西村ツチカ

2016-02-28

a0136797_1184039.jpg

2016 VIVRE/FORUSの春広告のイラストを担当いたしました→
地元のVIVREに高校時分行ってたのもあいまって感慨深いです。

マンガー!
[PR]
# by tsuchika | 2016-02-28 01:26

2016-02-14

a0136797_614215.jpg

GINZA3月号でいろいろな美白コスメを紹介する記事で、漫画を描きました→
最新の美白テクノロジーの世界をいろいろ教えていただきました(^o^)
[PR]
# by tsuchika | 2016-02-14 06:33

2016-01-21

「装苑」2016年1月号と「ユリイカ」2016年2月臨時増刊号にそれぞれ江口寿史先生の特集があり僭越ですが少しだけイラストを寄稿させていただきました。
大変恐縮です(><)

ギャグ漫画でも女の子がメチャかわいく描かれてあったりと不思議なつくりで、何か手品にかけられたような高揚感をもって多感な時期に読みました。
個人的に特に思い入れが強い「わたせの国のねじ式」はわたせせいぞうとつげ義春をマッシュアップしたやばい漫画で作中に登場するセリフ「オーケーじゃメシにしよう」は漫画友達との間で合言葉になりました。
近作「正直日記」もしびれました!
[PR]
# by tsuchika | 2016-01-22 18:48

2016-01-21

a0136797_17401564.jpg

イベントのフライヤーを描かせていてだきました。詳細→
[PR]
# by tsuchika | 2016-01-22 17:46

2016-01-17

a0136797_21204453.jpg

阪神大震災から今日で21年が経ちました。
[PR]
# by tsuchika | 2016-01-17 21:24

2016-01-01

a0136797_23463342.jpg

西村ツチカ2016カレンダーに同封されているクリップの使用例です。

カレンダーは一点一点手作業で綴じられているため、万が一「ホチキスの位置が微妙にずれていてカレンダーがきれいに開かない」などの問題があった場合はどうかシカクさんへお問い合わせください。返品や交換など、場合によって対応してくれます。よろしくお願いいたします→
[PR]
# by tsuchika | 2016-01-01 23:47

2016-01-01

a0136797_10583416.jpg

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
西村ツチカ
[PR]
# by tsuchika | 2016-01-01 00:00

2015-12-12

a0136797_12502248.jpg

ロロ×高校演劇 いつ高シリーズ『校舎、ナイトクルージング』のメインビジュアルを描かせていただきました→
無料公開中の上演脚本『いつだって窓際であたしたち』にもさし絵を描いています。
[PR]
# by tsuchika | 2015-12-12 12:55

2016カレンダー

a0136797_15343177.jpg

とってもかわいいイラストが描けました。西村ツチカ2016カレンダーを特設サイトでぜひ予約してください→

カレンダー:今回も中津シカクさんに協力してもらってデザインや組み立てや特典缶バッジ制作その他を手作業で行います。なので費用が直接かかるためあらかじめご予約をいただいた数だけ作りそれ以上あまり作らない(前回ははじめに200部と決めて作りましたが今回は予約数を見て決めます)ことで在庫を抱えないようにします。こうした状況のもとでひとつ皆さまへお願い申し上げたいことは、なにとぞお早めにご予約をいただけますと大変嬉しいということです!どうかよろしくお願いします。
[PR]
# by tsuchika | 2015-12-04 03:36

2015-12-01

a0136797_9304184.png

a0136797_9303592.png

水木しげる先生のペンネームの由来と言われる神戸市水木通りにある水木小学校に自分は6年間通ったにもかかわらずその逸話を卒業後まで知らなかったほどですからNHKの朝ドラで取り上げられる以前は神戸市でもじゅうぶんに紹介されているとはいえなかったかもしれません。神戸市に推されている漫画家といえばゆかりの深い横山光輝先生はもちろんですが水木しげる先生も水木しげるロードは故郷の鳥取県に譲ったとしても神戸市だって鉄人28号モニュメントのとなりとかに鬼太郎ブロンズ像を一体建てるていどには主張してもいいのにと思っていました。
上の画像は雑誌もっと!の水木しげる先生トリビュート企画で描かせていただいたもの(2013年)
[PR]
# by tsuchika | 2015-12-01 09:33

オノマトペ大臣のオールナイト・ニューヨーク

a0136797_9122462.jpg

「オノマトペ大臣のオールナイト・ニューヨーク」公開しました→
我々の活動を皆さまにご紹介させていただくとともにさらなるお引き立てを賜りますようお願い申し上げるこのラジオは現在企業の営業サラリーマンとしても第一線で活躍中のMCオノマトペ大臣が生き馬の目を抜くハードワークの合間に1時間にわたりiPhoneに向けておしゃべりしました。ダンカンバカヤローなどおもしろ要素満載かつ常識踏まえた言葉づかいを心がけますのでどなたさまもぜひお気軽にお耳をお汚させつけくださいませ〜
[PR]
# by tsuchika | 2015-11-20 09:16

フェアプレー精神

漫画を描いている友達(男性)が数年前にある漫画のシンポジウムに出席しました。
そこである漫画評論家(女性)が大島弓子先生の漫画について「このように大島漫画は本当に本当にかわいい訳です」と解説しました。それに対し彼が「でも、僕は大島漫画は怖いんです」と意見を言いかけたところ彼女は「君はわかっていない。やはり大島弓子の世界は男には絶対わからないのだ」と言ったそうです。
ひどい!と彼は怒りました。彼は大島弓子先生の熱烈なファンでした。

その時、そばで見ていたドイツ人の留学生(男性)が小さな声で「ガンバレ!」と彼に声をかけました。初対面なうえ日本語もよくしゃべれないのにただ一人彼の味方になってくれたそうです。

女性が「男にはわからない」という主張を大島漫画にちなんで叫ぶ時、男性至上主義を前提としていない男性の大島漫画ファンはさらにマイノリティへ追いやられてしまうから少し気をつけてほしいものです。

自分はじつは(恥ずかしながら)萩尾望都先生の絵をよく理解できていると到底言いがたいのですがそれを「男性だから耽美系はわからない」というように、自分の不勉強を関係ない性差にすり替えるあやまちを油断するとすぐ犯しがちなので自分も気をつけようと思いました。
[PR]
# by tsuchika | 2015-11-18 11:42

2016カレンダー

a0136797_0354822.jpg
西村ツチカ2016カレンダーがオンラインショップで予約がはじまりました→
お店は大阪中津シカクさんということでよろしくお願いいたします。
[PR]
# by tsuchika | 2015-11-15 00:37

きみでおめかし2

a0136797_144419.jpg

a0136797_1441080.jpg

きみでおめかし2というグループ展に参加します→
西村は手描きTシャツとパーカーを展示販売します。

【期間】2015年11月14日(土)〜11月29日(日)
【営業時間】各日14時〜20時(火水定休日)
【会場】大阪中津・シカク
    大阪市北区中津3-17-12 中津商店街内
    080-4010-6203
[PR]
# by tsuchika | 2015-11-12 14:05

Someone Like You

a0136797_23592593.jpg
トーベヤンソン・ニューヨークのアルバム「Someone Like You」のジャケットを描きました。

Tove Jansson New York / Someone Like You
1. Someone Like You #1
2. Party Time(作詞:オノマトペ大臣 作曲:澤部渡、唐木元)
3. 夜の窓(作詞:金子朝一 作曲:澤部渡)
4. Table Talk(作詞:オノマトペ大臣 作曲:mochilon)
5. Young Song(作詞:オノマトペ大臣 作曲:澤部渡)
6. クラシックすぎて(作詞・作曲:西村ツチカ)
7. ほうせんか(作詞:オノマトペ大臣 作曲:mochilon)
8. スピーカーノイズ(作詞:オノマトペ大臣 作曲:玉木大地)
9. Someone Like You #2
10. カセット(作詞:オノマトペ大臣 作曲:唐木元、澤部渡)
11. そばが食べたい(作詞・作曲:mochilon)
アートディレクション+デザイン:森敬太
イラスト:西村ツチカ
signe TJNY-002
一般発売12月下旬予定 予価2,000円+税
[PR]
# by tsuchika | 2015-11-11 00:02

2015-11-09

a0136797_22174325.png

ジオラマミュージックフェアのwebが、さっき公開されたようです→
イベントは11/23なので、もう直前ですが…
よろしくお願いします。

[PR]
# by tsuchika | 2015-11-09 22:45

2007年頃

山奥にある軽音楽部ではみんなロック雑誌を読んで、流行っているものを部室のCDJでかけてました。
2007年頃にテムズビート(下に貼った動画のような音楽)がよくかかってました。
その前はクラブ系の踊れる音楽がよくかかってました。
その前はロックでした(そのへんからリアルタイムで聴きはじめました)。雑誌ではビートルズ以前の要素とか言われててストロークス、コーラル、リバティーンズ、ホワイト・ストライプスとかいました。その数年後にテムズビートが出てきた時「どう違うの?」と思いましたが、順番からいってテムズビートはクラブ系の踊れるロックの後に登場してきたから「安心してください(ロックだけど)問題なく踊れます」みたいなことが雑誌に書いてありました。

「クラブ怖い」という気持ちが自分にあり、2007年頃はそれまでロックしか聴いてなかった人たちはその恐怖心はけっこうあった気がします。テムズビートはそういう人のための救済措置(親しみやすいけどダサくない、パーカーのフードを浅くかぶってクラブで踊ることが許される!)だと思って、喜んで聴いていました。



それを精力的に紹介していたカジヒデキやハーフビーのライブやDJを観に行きました。それに影響を受けたアンディモリも大好きでよく聴きました。新しいダンスミュージックと言いつつ逆に古風な方向性を打ち出すのが何か諷刺っぽくてカッコ良い!そのトンチに魅せられて、もしもダサい自分が今バンドをたとえ組んだとしても到底及びもつかないけども漫画ならあるいは…と思いついて樺島勝一とか手塚治虫以前の漫画をまねして描きはじめました。

でも一瞬でした。最初のバンドたちがすぐに解散したり路線変更しました。
2007年頃を思い出して書きました。
[PR]
# by tsuchika | 2015-11-07 20:09

いつだって窓際であたしたち

a0136797_15283729.jpg
ロロ「いつだって窓際であたしたち」のメインビジュアルを描かせていただきました→

この公演は演劇集団ロロが高校演劇のフォーマットにのっとって創作する新企画「いつ高」(いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三高等学校)シリーズの第1弾ということでくわしいことは上のサイトをご覧くださるよう、よろしくお願いいたします。
[PR]
# by tsuchika | 2015-10-24 15:36

ジオラマミュージックフェア'15

a0136797_8433076.jpg
↑ジオラマミュージックフェア'15のメインビジュアルを描きました。詳細→

渋谷WWW
2015年11月23日(月・祝)
OPEN/START 14:30 / 15:00
ADV./DOOR ¥3,500 / ¥4,000 (税込 / ドリンク代別 / オールスタンディング) ※前売購入者限定 来場者特典あり
LINE UP トーベヤンソン・ニューヨーク / スカート / 嫁入りランド / 
EMCと思い出野郎Aチーム / okadada / Illreme / 川本真琴 with ゴロニャンず / and more DJ:西尾雄太 VJ:サヌキナオヤ / onnacodomo / tangram 出張出店:Lilmag / ヴィレッジヴァンガード渋谷宇田川町店 / 「ジオラマ」「ユースカ」執筆陣による漫画家フリーマーケット
TICKET 先行発売日:10/11(日)〜 ※特別限定イラストチケット(150枚限定) WWW店頭(10:00〜) / COCONUTS DISK吉祥寺店、池袋店 一般発売日:10/17(土)〜 ローソンチケット / e+
INFO WWW 03-5458-7685
ジオラマブックス:http://twitter.com/dioramabooks
[PR]
# by tsuchika | 2015-10-09 08:50

2015-10-05

a0136797_23105814.jpg

2016年のカレンダーを作っています。
(上の画像は全く関係ないです)
大阪中津シカクさんのご厚意により通販もございます。
2015年度のカレンダーはこうでした→
ぜひよろしくお願いいたします。
[PR]
# by tsuchika | 2015-10-05 23:16

2015-09-22

a0136797_053399.jpg

・「第五トラディショナル」公開収録のイベントに出演します→
「第五トラディショナル」はジャズミュージシャンの渡邉恭一さんとDanny Smithさんによる19〜20世紀前半の色々なレコード音源を紹介していくpodcastです→

9月24日(木)
「新世界presents 第五トラディショナル」公開収録vol.1 
[出演]
Rev.Danny Smith、渡邊恭一 ゲスト:西村ツチカ
[時間]
19:30開場、20:00開演
[料金]
1500円(1D付)

以下、日記
下北沢インディーファンクラブで観に来てくださった皆様どうもありがとうございましたm(_ _)m楽しかったです。帰りにギターをかついで映画館に行き、受付にギターを預けて映画を観ました。そして帰りの電車の中で自分がギターを持っていないことに気づきました。どうりで肩と足取りが軽かったと思いました。ピートタウンゼントとか昔のロックスターはライブ中にギターを破壊するパフォーマンスを行ったそうですがやはり帰りは楽になったでしょうか。ギターはあるよりもない方が楽という意味で言えば今すぐ捨てたいですが一応それはもったいないので仕方なく明日取りに行きます。
[PR]
# by tsuchika | 2015-09-23 01:16