西村ツチカ

2017-03-26

ココハナ5月号(3/28発売)の「トキメキモノ!」というコーナーを担当しました→
これさえ使えば誰でも目の前の風景を写し絵にして描けるという、お絵かきおもちゃ「マジカルイラストレーター」(バンダイ)について描きました。

デイヴィッド・ホックニー著『秘密の知識』(2001年)は、中世以降の西洋絵画に光学機器が使われてきた歴史を、実験を重ねて検証する本。大量の作品を分析していくホックニー氏の話は明快で、図版も見やすく、とにかくメチャ読みやすい本です。自分にとっては漫画の写真トレスとも通じる話なので、興味しんしんになって夢中で読み終えました。興味ある人は読んでください。

この本に登場する光学機器カメラ・ルシダ(1800年頃)を復刻したネオルシダの動画。マジカルイラストレーター(2015年)もこの原理を応用したおもちゃですがこっちは今風のデザインで、デート中にカバンからサッと取り出して「動かずに」とかいって相手の顔をスケッチしてあげたらウケるかも。ただ本書にもあるとおり使い方が難しくて熟練しないと普通にヘタクソなラクガキが出来ます。どれ位難しいかというと、新婚旅行でカメラ・ルシダを使ってスケッチしたものの全然うまく描けず奥さんにガッカリされたウィリアムヘンリーフォックスタルボット氏は、復讐心に燃え、映した映像をわざわざ描かなくても化学的に焼き付ける技術(=写真)を発明したほどです。その写真の発明が芸術に与えた影響ははかりしれず反動でキュビズムが流行り、もう絵は写真みたいに描かなくても良くなった瞬間に氏が復讐大成功…とほくそ笑んだかどうかは不明ですが、ネオルシダが55ドルで買えることはたしかです→

a0136797_09015369.jpg


[PR]
by tsuchika | 2017-03-26 08:49