西村ツチカ

フェアプレー精神

漫画を描いている友達(男性)が数年前にある漫画のシンポジウムに出席しました。
そこである漫画評論家(女性)が大島弓子先生の漫画について「このように大島漫画は本当に本当にかわいい訳です」と解説しました。それに対し彼が「でも、僕は大島漫画は怖いんです」と意見を言いかけたところ彼女は「君はわかっていない。やはり大島弓子の世界は男には絶対わからないのだ」と言ったそうです。
ひどい!と彼は怒りました。彼は大島弓子先生の熱烈なファンでした。

その時、そばで見ていたドイツ人の留学生(男性)が小さな声で「ガンバレ!」と彼に声をかけました。初対面なうえ日本語もよくしゃべれないのにただ一人彼の味方になってくれたそうです。

女性が「男にはわからない」という主張を大島漫画にちなんで叫ぶ時、男性至上主義を前提としていない男性の大島漫画ファンはさらにマイノリティへ追いやられてしまうから少し気をつけてほしいものです。

自分はじつは(恥ずかしながら)萩尾望都先生の絵をよく理解できていると到底言いがたいのですがそれを「男性だから耽美系はわからない」というように、自分の不勉強を関係ない性差にすり替えるあやまちを油断するとすぐ犯しがちなので自分も気をつけようと思いました。
[PR]
by tsuchika | 2015-11-18 11:42