西村ツチカ

2007年頃

山奥にある軽音楽部ではみなロック雑誌を読み、流行っているものを部室のCDJでかけてました。
2007年頃にテムズビートがよくかかってました。
その前は四つ打ちのダンス音楽がよくかかってました。
その前はロックで、自分はそこからリアルタイムで聴きはじめました。雑誌ではビートルズ以前の要素とか言われててストロークス、リバティーンズ、ホワイト・ストライプスとかいました。その数年後にテムズビートが出てきた時「ロックでは?」と思いましたが、順番からいってテムズビートは四つ打ちのダンス音楽の後に登場してきたので「安心してください(ロックだけど)問題なく踊れます」ということになっていて自分が行ったクラブでもかかってました。

2007年頃、「クラブ怖い」と感じていました。
当時のロックしか聴いてなかった人たちはその恐怖心はけっこうあった気がします。テムズビートはそういう人のための救済措置(親しみやすいけどダサくない、パーカーのフードを浅くかぶってクラブで踊ってみたい)だと思って、喜んで聴いていました。



それを精力的に紹介していたカジヒデキ氏やハーフビー氏のライブやDJを観に行きました。その後アンディモリも大好きでよく聴きました。新しいダンスミュージックと言いつつ逆に古風な方向性を打ち出すことが、何か諷刺っぽくてカッコ良い!そのトンチに魅せられて、もしもダサい自分が今バンドをたとえ組んだとしても到底及びもつかないけども漫画ならあるいは…と思いついて樺島勝一やリトルニモなど、手塚治虫以前の漫画をまねして描きはじめました。

でも最初のバンドたちがすぐに解散したり路線変更して、一瞬の出来事でした。
2007年頃を思い出して書きました。

[PR]
by tsuchika | 2015-11-07 20:09